トマト系の赤い
「マンハッタン・クラムチャウダー」も美味いけど、



PA272410.JPG_effected.jpg


ミルク系の「ボストン・クラムチャウダー」も最高だ。



で、やっぱり味の決め手は「ホタテほぐし身缶」。


「小麦粉と具材を一緒に炒める方式」なんで、

ダマにならずにトロミが付くのがいいよね。


そんでもって「炒りごまごはん」といっしょに食べるよ。←ゴリ推し中!









ボストン・クラムチャウダー


材料:2~3人分

ホタテ缶 大1缶

玉ねぎ 1/2個 みじんぎり

じゃがいも 大1個 1cm角に切り、水にさらす

にんじん 1/3本 1cm角に切る

バター 1かけ

小麦粉 大さじ1

牛乳 1、5カップ

酒 1/3カップ

水 1カップ

塩 小さじ1弱くらい

こしょう 適量


作り方:


1、鍋を熱しバターを溶かし、玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら

  じゃがいも、にんじんも炒める。


2、1に小麦粉を加え、全体にまぶすように炒めたら、

  水、酒、ホタテ缶を汁ごと加え、

  ときどき混ぜながら弱火で10分ほど煮込む。

  水分が足りなければ水を足す。


3、じゃがいもが柔らかくなったら、牛乳を加えとろ火で15分ほど煮込み、

  じゃがいもホロっとなってトロミが付いてきたら、

  塩、こしょうで味を整える。(沸騰させると牛乳が分離しちゃうので注意)